書籍・連作短編小説集「どこか、あたたかい場所へ」著:工藤千夏
57bc7a6e100315a7340014b2

書籍・連作短編小説集「どこか、あたたかい場所へ」著:工藤千夏

¥800 税込

送料についてはこちら

世界を変えたアメリカ同時多発テロの前後、「ぼく」が出会ったちょっぴり不思議な人々……。ニューヨークの空気が息づく、珠玉の連作短編小説集。 2001年から2003年にかけて、工藤千夏がニューヨークから日本に送って、湯の国ウェブに好評連載。2016年8月の「珈琲屋さんの朗読会」のテキストととして、大幅加筆の上、上梓。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 『どこか、あたたかい場所へ』より「朝の哲学者」冒頭  coffeeという単語が、どうしても通じない。最初の音を「カ」にしてみたり、「コ」にすぼめてみたり、あれこれ試行錯誤してみるのだが、たいていの店員はチッと舌打ちして、だから外人はいやなんだよねという顔をする。そんな経験が度重なって、コーヒーを注文するときには必ず緊張するという悪循環が生じ、ますます通じない。  コーヒーぐらいでおたおたしているようだから、ぼくの性格は、およそアメリカ暮らしには向いていない。小学校の通信簿には「もう少し積極的に」と決まって書かれていたし、三十歳になった今だって、奥の方から自主性とかいうものを引っぱり出してくるのに、ものすごく時間がかかかる。  そんなぼくが、なぜニューヨークに来たのか。説明するのは、ちょっと難しい。とにかく、どこか、あたたかい場所に来たかったんだ。もちろん、冬のニューヨークが寒いのは知ってる。そう、だから、正確には、あたたかい場所を探したかったんだ。どこにあるのか、いや、そもそもそれがなんなのか、実はよくわかっていないんだけれど。

その他のアイテム